もし退職代行SARABA(サラバ)で退職に失敗したら?ほぼ100%の成功率でも失敗することってあるの?

  • 理不尽なことで毎日怒られている
  • ネチネチと同じことを説教されている
  • 同僚からの嫌がらせを受けている
  • 上司からのパワハラが嫌だ
  • 会社の人になじめない
  • 残業続きでもうクタクタ
  • 残業代も払わないくせに残業させられる
  • 思うように有給をとらせてくれない
  • 希望してない店舗に派遣されて働きづらい
  • 望んでもない役職を押し付けられてしんどい

もしかしたらアナタも、こんな感じの状況で毎日働き、ストレスをため込んでいるかもしれませんね。

本当にお疲れ様です!

ただし、そんな会社で働き続けていても、精神衛生上いいことなんて何ひとつありません。

そもそも本音では「こんな会社今すぐ辞めたい」って思ってますよね?

でも現実問題、上司に「会社をやめさせてください」って言うのは、結構大変・・・

僕も、上司に相談して退職届をだした経験 & バイトを辞めた経験を複数回していますが、言い出すまえも言い終わったあとも精神的に疲れました。

よっぽど鋼のようなメンタルを持っていない限り・・・

  • 引き止められたらどうしよう
  • 怒られたら嫌だな
  • 説教とか受けるのかな・・・
  • 人手が足りてないからやめづらいな
  • 根性ナシって思われたら嫌だな
  • 親とかにバレたら恥ずかしいな

みたいなことは、誰だって考えるものです。

そもそも、すんなり会社を辞めさせてくれるケースなんてほとんどありません。

僕のケースでも「会社をやめたいです」と言っただけで・・・

  • 店長から意味不明にマジギレ
  • 上司から1時間くらい説教(どうでもいい話が9割でした)
  • 今月いっぱいで退職することを全社員に一斉メール(退職日までツラかったです)

といった経験をしています。

また友人が働いていたブラック企業では、会社に突然こなくなった社員のアパートに複数名の社員がむかえに行ったなんて話も・・・

もはやホラー映画ですよね。

こんな感じで、日本は会社をやめていく人に対して、強引な引き止めや脅し。

陰湿な嫌がらせをする傾向にあるので、簡単には会社をやめづらいんです。

特にブラック企業ほど会社をやめづらい傾向にあります・・・

でも安心してください! そんなアナタのために救世主があらわれました。

それがアナタに代わって、会社に退職の意思を伝えてくれる退職代行サービスです。

中でもおすすめなのが、先日僕もつかって退職に成功した「退職代行SARABA(サラバ)」です!

ホームページ上でも「退職成功率はほぼ100%です」と書いてあるように、間違いなく退職には成功します。

でも「ほぼ100%」って数字は、なんとなく不安になる数字ですよね?

  • ほぼ100%ってことは、失敗した事例もあるってこと?
  • もし退職代行サービスをつかって、失敗したらどうなるの?

退職に失敗して職場に残るハメになってことを想像すると、それだけで吐き気がするほど嫌になりますよね?

僕も想像しただけで、胸がぎゅーっと締め付けられるような感覚になります。

というわけで今回は、僕も先日つかってみて簡単に会社をやめれた、退職代行SARABA(サラバ)について・・・・

  • 退職代行SARABAに失敗リスクはあるのか?
  • もし退職に失敗したら、どんなリスクが待ち受けているのか?
  • 失敗しない退職代行サービスを選ぶコツとは?
  • 依頼したら即日で退職できるのか?

といったことをまとめて紹介します。

今の会社に満足している人は、速攻でページを閉じていただいてOKですが・・・

そうでない方!

つまり会社に不満を持っていたり、本音では今の会社なんて辞めたいって思っている人は、時間を損させないので絶対最後まで見てくださいね。

そもそも退職代行SARABAに失敗リスクはあるのか?失敗率は何%?

失敗リスクについて不安に感じている人もいるでしょうが、退職代行SARABAに依頼して失敗するリスクは0%です。

つまり退職成功率は100%ってことです。

ただそれだけでは信用もできませんし、不安も残りますよね?

その最大の理由が、サイト内に記載していた「退職成功率ほぼ100%」との文言です。

ほぼ100%ってことは「何かしらの条件付きなのでは?」「失敗することもあるのでは?」と、思う人がいても不思議はありません。

そこで「実際のところはどうなのか?」を、念のため電話で確認してみました。

質問

ほぼ100%の退職成功率と書いてますが、依頼主が休業を選んだ案件以外はすべて退職に成功したんでしょうか?

回答

はい。今まで10,000件以上の依頼をうけましたが、依頼主都合以外では、すべて成功しています。

なんとも心強い回答をいただきました。

退職代行SARABAの退職成功率ほぼ100%

ただそれでも、まだ不安はありました。

そこで念のため名前を変えて、メールでも同じような内容の問い合わせをおこないました。

↓赤枠部分が退職代行SARABAの回答部分となります。

退職代行SARABAの回答部分

 

このように100%の退職代行成功率を続けられているのは、他の退職代行サービスと異なり、労働組合が退職代行をおこなっているからなんだとか。

退職代行SARABAは労働組合なので、会社との直接交渉ができて、ほぼ確実な退職ができるんです。

「何が何でも退職したい」「会社をやめたい」って人には、心強いですよね。

ちなみに労働組合をとおすことで、即日退社できる確率もかなり高くなるようです。

まぁここまでわかったからこそ、安心してSARABAに任せられたんですけどね。

>>【退職代行の失敗リスクは0%】退職代行SARABA(サラバ)に任せてみる

退職代行SARABAで、もし退職に失敗した場合に考えられる6つのリスク

退職代行SARABA(サラバ)は、10,000件以上の成功実績があり、退職成功率も100%となっています。

しかしそれでも「依頼して退職に失敗する可能性もあるのでは?」と、不安に思う人はまだいるはずです。

僕も心配性なので、その気持ちはよくよくわかります。

退職代行SARABAで、もし退職に失敗した場合に考えられる6つのリスク

リスクその1:退職そのものができないのでは?

退職代行サービスを使っているのに、退職できなかったってことは・・・

会社をやめれなかったということで、大問題に思うかもしれません。

しかし実際には、退職そのものができないケースは存在しません。

そもそも契約期間の定めがない労働者には、いつでも退職する権利があります。

だから会社が「絶対にやめさせないぞ」と言ったところで、法律的な話をすれば会社は確実にやめられるんです。

まぁ本人が交渉するだけでは「ダメだ」「責任感がない」などと言われて終わるケースもあります・・・

しかし第三者である退職代行サービスが連絡を入れて、それでも会社を辞めさせてくれないケースはほぼありません。

なので退職そのものができないというリスクは、ほぼ存在しないものとして認識していて大丈夫です。

リスクその2:即日退社できず退職日まで働くことになるのでは?

即日退社できれば最高ですが、そうはいかないケースもあるでしょう・・・

もし退社日は決まっても即日退社できなければ、退職日までの間に社内でパワハラやイジメを受けるのでは?と心配になるかもしれません。

しかしその点も大丈夫!

基本的に退職代行SARABAを使えば、ほぼ間違いなく即日退職はできます。

なぜなら労働組合が会社との間にはいって、会社側と直接交渉ができるからです。

実際にサラバは、即日退社の実績も豊富ですからね。

しかし万が一のケースを考えると、有給休暇を14日ほど持っておくと確実です。

14日ほどの有給休暇があれば、強制的に有給を取得して退職できるので安心してください。

ちなみに、心身の不調(うつ病など)や親の介護が原因で出勤ができなくなった場合は、そのまま会社に出勤しなくても退職できるそうです。

その件も念のため問い合わせましたが、間違いなさそうです。

事情があればそのまま会社に出勤しなくても退職できる

リスクその3:会社から損害賠償請求を受けるのでは?

退職したことが原因で、確実に会社に大損させたなどの理由でもない限り、会社から損害賠償請求をおこしてくることはありません。

脅しはあるかもしれませんが、しょせんは脅しです。

なぜなら社員1人が退職しただけで、会社の事業が傾き大損するのか?といえば、そんなことはありえないからです。

そもそも裁判には時間もお金もかかります。

わざわざ1人の社員を相手にして、多大な時間と裁判費用をムダに使うバカな経営者はそうそういないと思いますよ。

だから会社からの損害賠償請求なんて、心配いらないんです。

リスクその4:懲戒解雇処分を受けて転職が不利になるのでは?

懲戒解雇という職歴がのこれば、確かに転職活動は不利になるかもしれません。

しかし退職代行を利用したことを理由に、懲戒解雇にすることは法的にはできません。

会社のお金を横領したり、暴力団関係者との接触があった場合など。

誰がどう考えても、解雇になると思われる理由以外での懲戒解雇は認められませんので、安心してください。

リスクその5:退職後の手続き書類が届かないのでは?

一般的に退職した会社からは、後日会社に残した私物や離職票を送ってもらえます。

でもブラック企業や、嫌がらせをするような会社では、そういった必要書類を送ってくれない可能性もあります。

退職代行サービスの担当者から、書類を送るように念押しはできますが、それでも確実に送ってくれるわけではありません。

とはいえ離職票は、ハローワークに行けば発行してもらえます。

なのでもし会社から必要書類を送ってもらえなくても、それほど困った事態にはならないのでご安心を。

リスクその6:依頼者本人に連絡がくるのでは?

残念ながら、どの退職代行サービスを使っても「依頼者本人に直接連絡をさせない」といった強制力はありません。

同じようなケースだと「親に連絡しないでください」といったお願いへの強制力もありません。

ただし退職代行SARABAをとおして依頼すれば、直接の連絡を控えてもらうように会社への念押しはできます。

また万が一、会社からの連絡があった場合も、代理で連絡のやり取りを担当してもらえます。

だからもし会社から連絡がきても、完全無視を決め込んでしまえば問題はないんです。

退職代行SARABA(サラバ)をつかって失敗した口コミは0!!

退職代行サービスは、僕が知っているだけでも20社以上はあります。

そのなかで、悪評が1つも見つからないサービスは、退職代行SARABAをふくめて2〜3社ほどしかありません。

そして悪評がないサービスのなかで、1番リーズナブルで安いのが退職代行SARABAなんです。

だからSARABAを選ぶ人や、選んで満足している人が多いというわけです。

会社を辞めるのって一大イベントなので、やっぱり安心して任せられるところに頼みたいものですからね。

>> 悪い口コミも失敗リスクも0%!安心して任せられる退職代行サービスはSARABA(サラバ)だけ

失敗しない退職代行サービスを選ぶ2つのポイント

失敗しない退職代行サービスを選ぶ2つのポイント

その1:弁護士 or 労働組合がおこなっているかどうか?

テレビCMやメディアでの報道によって、退職代行サービスの存在もかなり有名になってきました。

なので最近では会社側も、退職する日の調整や後任者への引き継ぎ、有給休暇の不足分など、色々と提案や交渉をしてくる傾向にあります。

このときに、弁護士や労働組合でない一般の業者では、会社側との交渉ができません。

そのため、会社側からの提案や交渉のたびに、依頼者に確認しなけれならないんです。

これに対して、弁護士や労働組合の退職代行なら、会社側と法律的に交渉できます。

だから退職できる確率があがるだけでなく、手っ取り早く退職の話がすすむんです。

ちなみに弁護士と労働組合との大きな違いは、もし会社側との裁判になった場合に、直接の代理人になってもらえないことだけです。

弁護士に頼んでも労働組合に頼んでも、会社との交渉はできるので、その他の違いはありません。

その2:実績のある会社が運営しているかどうか?

今は退職代行サービスが乱立しているため、実績のない会社でも、退職代行サービスをおこなっているケースが目立ちます。

運営会社の住所がレンタルオフィスであったり、過去の実績が不明であったり・・・

しかし、これまでに実績がある会社に任せなかった場合、予想外のトラブルが起こった場合に対処しきれなくなるかもしれません。

またその他にも・・・・

  • 振込後に連絡がとれなくなる
  • 退職代行の手続き直後に音信不通になる
  • そもそも退職に失敗する

だから最低でも、退職代行として1,000件以上の実績がある会社を選んでおきましょう。

これだけで失敗する可能性は限りなく0に近くなります。

実績豊富な会社は、やはりそれなりのトラブルも経験しています。

だからどんな状況になっても対応でき、安心して退職依頼を任せられるんです。

ちなみに退職代行SARABAは、業界No.1となる10,000件超えの実績があり、100%の退職成功率を維持しています。

他にも有名な退職代行サービスはありますが、実績で考えたらSARABAがNo.1です。

>> 10,000件以上の実績がある退職代行SARABAなら必ず退職に成功する

会社をやめたいなら退職代行SARABAを選ぶべき6つの根拠

その1:料金プランがシンプルで追加料金の心配がない

退職代行サービスの相場は30,000〜50,000円くらいです。

しかし中には、10,000円未満の料金をウリにしたサービスも存在します。

このような安すぎる退職代行サービスには・・・・

相談回数や電話回数に制限があったり、即日実行、折返し電話対応、営業時間外の対応など。

ことあるごとにオプションとして、追加料金を請求されるケースがあります。

その点、退職代行SARABAなら、27,000円ポッキリで追加料金の心配が一切ありません。

もちろん入会金や、代行費用といった、余計なお金もかかりません。

その2:弁護士に依頼するよりも比較的リーズナブル

弁護士に依頼するタイプの退職代行サービスは、50,000円ほどが相場です。

ちょっと高すぎますよね?

もちろんそれだけのメリットはあり、弁護士に依頼すると・・・

  1. 会社側に交渉できる
  2. もし会社との裁判になった場合は、直接の代理人になってもらえる
  3. 保険や書類の手続きをおこなってもらえる

といったことが可能です。

コレに対して退職代行SARABAは労働組合なので、裁判の代理人になったり、書類の手続きを代行することはできません。

しかし労働組合も会社との交渉は可能です。

だから即日退職に対応できたり、退職をうやむやにされる心配もありません。

また保険や書類は、アドバイスをもらいながら簡単におこなえます。

なので弁護士に依頼するケースとの主な違いは、裁判になった場合の代理人になってもらえないことだけです。

そもそも10,000件以上の取引実績のなかで、過去に裁判までいった事例もないようなので、裁判の代理人になってもらえるかどうかは不要なサービスだと思います。

50,000円はなかなか大きなお金だと思うので、リーズナブルに済ませたいなら、労働組合の退職代行SARABAを選んだ方がお得です。

その3:いつでも何回でも相談できる

退職代行サービスのなかには、相談回数や時間の制限をしている業者も結構あります。(追加料金が発生するなど)

しかし退職代行SARABAでは、ラインも電話もメールもふくめて、相談回数は無制限かつ完全無料です。

もちろん24時間いつでも対応してくれます。

これって会社をやめたい依頼者の立場からすれば、かなり心強いと思いませんか?

その4:即日退職が可能

労働組合や弁護士をとおしてない退職代行サービスを使うと、即日退職の交渉ができないケースが結構あります。

しかし退職代行サービスSARABAは、労働組合なので会社とのねばり強い交渉が可能です。

なので100%とはいかないまでも、ほぼ100%に近い確率で即日退職もできるんです。

以下のように質問しましたが、ほとんどのケースでは即日退職を認めてもらえるようです。

事情があればそのまま会社に出勤しなくても退職できる

その5:全額返金保証あり

これって何気に重要ではありませんか?

退職代行サービスSARABAなら、もしも退職に失敗したとしても27,000円が全額返金されます。

もちろん成功するのが理想的ですが、もし失敗した場合でも、料金は全額返金されるので泣き寝入りの心配がありません。

まぁ10,000件以上の実績があって、成功率100%なので失敗しないと思いますけどね。

その6:退職後の転職サポートも無料で受けられる

突然会社を辞めたあと、どうやって新しい仕事を探せばいいか悩みますよね。

でも大丈夫!

退職代行SARABAをつかえば、退職後に転職できるまでサポートを無料で受けられるんです。

だから就職先が見つからない状態で会社をやめても心配いらないんです。

>> 今すぐ会社をやめたいなら退職代行SARABA(サラバ)

失敗しない退職代行サービスをお探しならSARABAが1番

あなたが今すぐ本気で会社をやめたいと思っているなら、退職代行SARABA(サラバ)を利用してください。

僕も退職代行サービスについては真剣に業者を調べて、5箇所以上に問い合わせをしましたが・・・

  • 返信が届くまでのはやさ
  • 退職代行サービスとしての実績
  • 確実に退職できるという保証
  • 料金体制

など。

SARABA以上に、優秀そうな退職代行サービスは見つかりませんでした。

失敗しない退職代行サービスをお探しならSARABAが1番

だからあなたがもし今でも会社をやめるかどうか迷っていて、退職代行サービスの利用を考えているなら、ゼッタイ退職代行SARABAを使うのがオススメです。

  • 1年も働いてないのにやめるなんて・・・
  • まわりに迷惑をかけそう・・・
  • 根性なしとバカにされそう・・・

といった不安はあるかもしれませんが、今は昔の時代とは違います。

石の上に3年なんて常識は関係なく、会社は個人の自由で選べる時代になっています。

    転職だって10年くらい前とくらべたら、圧倒的に簡単になっていて、転職経験が5回以上あるエリートもたくさんいます。

    嫌な会社を1回や2回くらいやめたところで、デメリットなんてありません。

    ストレスで体を壊したり、心身が疲れ果てる前に、退職代行SARABAをつかって今の会社を辞めてみてはどうでしょうか?

    >> 退職代行SARABA(サラバ)なら今すぐ嫌な会社からオサラバできる