ニクリーチの感想。本当に肉をおごってもらえるのか、そのうえでスカウトは断れるのか

ニクリーチの感想。本当に肉をおごってもらえるのか、そのうえでスカウトは断れるのか

【ニクリーチの感想まとめ】履歴書さえしっかり入力すればランチスカウトはくる、そして本当にタダ肉が食える!(ただし、魚など肉じゃない場合もある)

雰囲気は意外にも和やかでざっくばらんに話をする感じ。

話の中で思ってもみなかった分野に興味がでたり、尊敬できる社員の方に出会えることもある。

そのうえおごってもらった後で、スカウトを断ってもOK。

もちろん内定獲得もできる。

就職のためにもお腹のためにも魅力的なサービスなので、登録だけでもしておくのがオススメ。

ニクリーチの感想、評判、登録後の流れと特徴
⇒ニクリーチの公式サイト

こんにちは、ユウタです。

楽しい大学生活も残すところ約1年となり、そろそろ就職活動を始めなきゃヤバイかなと。

でも、どこからどうやって手を付けるべきか?

で、この前同じく就職活動を始める友人から面白い就職サービスがあるって聞いて。

そのサービスの名は、「ニクリーチ」

ニクとはつまり「肉」、食べられるあの肉です。

本当にタダで肉が食えるのか?

おごってもらったうえでスカウトを断ることもできちゃうのか?

調べたことや感想を書いていこうと思います。

目次

  1. 本当に無料で焼肉が食べれるのか?
  2. おごってもらってもスカウトを断ることはできるのか?
  3. ニクリーチのサービスの特徴
  4. どんな会社からスカウトがくる?
  5. ニクリーチが向いている人
  6. ニクリーチに登録してからランチスカウトまでの流れ

本当に無料で焼肉が食べれるのか?

ニクリーチとはその名の通り、就活をしながら焼肉が食べられるというにわかに信じがたいサービスです。

本当なら、僕のような金がなくて食欲だけあるような学生には非常にありがたい就活サイトなわけですが・・・

肉がタダってそんなうまい話あるか?

で、調べてみたところ、ニクリーチはスカウト型の就活サイトだということがわかりました。

つまり肉で僕らを釣ってやろうという魂胆なわけですね。

どうやら登録して履歴書(ES)をうめると、それを見てピンと来た企業が学生に「肉でランチどう?」ってな感じで、スカウトするシステムになっているようです。

でも、このスカウトには3種類あって、全部で肉が食えるわけじゃないんですね。

  • 普通のスカウト → 説明会や面談の案内、採用イベントへの招待など、一般的な話がしたい時
  • 選考直結スカウト → 企業が学生に興味を持ち、選考に進んで欲しいと思った時
  • ランチスカウト → 企業が学生と一緒にランチをしながら話をしたい時

ニクリーチは一応肉を通して良い就職先を見つけてもらうのが目的なんで、就活を優先すると選考直結スカウトのほうが就職への近道だといえます。

でも肉が食えるのはランチスカウトだけです。

当然ランチスカウトされたい。

ニクリーチを利用した人の感想を見ると、肉で取引されるというよりは、和やかな雰囲気の中で相手方の企業の方とざっくばらんな話をする場らしいです。

確かに食事しながらの方が緊張が解けるし、共通の話題も見つけやすい。

他の2つのスカウトに比べると、企業側もランチスカウトにはお金を使うことになるので「そうまでして自分と会って話を聞いてみたいのか」っていう自信にも繋がりますね。

企業は、自分のところに来て欲しいと思う魅力的な学生にはお金を惜しまないということですね。

ちなみランチの内容ですが、必ず焼肉なわけではないらしいです。

感想を聞くと、ステーキとか寿司っていう「そもそも肉じゃねー!」ってものもありました。

美味しい店には変わりないみたいですが。

ランチの前に学生の希望を聞いてくれる企業もあるそうです。

おごってもらってもスカウトを断ることはできるのか?

おごってもらってもスカウトを断ることはできる?

僕みたいに「美味しい話には簡単に乗ってはいけない!必ず何か裏がある!」なんて思っている人、結構いると思います。

タダ肉ほど高いものはない・・・って言葉もどこかで聞いたような気がするし。

僕、結構ビビりだしな・・・多分せまられたら断れないわ・・・なんか断ったら悪い気するし・・・

そんなことをちょっと悩みましたが普通に断れます。

そもそもニクリーチはスカウト型の就活サイト。

「企業側が学生に食事を提供する」⇒「学生側が話を聞く」で任務は完了します。

その先どうするかは学生側次第なので、何の心配もいりませんでした。

その場で答えを出すわけでもないですからね。

利用者の感想にもありましたが、おごってもらった後に普通にその企業からのスカウトを断ったって人は結構多いです。

>> ぶっちゃけ【おごってもらうだけでもOK】のニクリーチ

ニクリーチのサービスの特徴

ニクリーチのサービスの特徴

ニクリーチは、転職サービス大手のビズリーチが運営している就活サイトです。

さすが、就職・転職に関してノウハウを蓄えている会社が運営しているだけあって、ニクリーチは他には見当たらない個性的なシステムになっています。

1. スカウトを待っているだけでいい

まず大きな特徴としては、スカウト型の就活サイトであるということ。

スカウト型とはつまり、学生側はとりあえずプロフィールを登録しておけば、あとは

スカウトが来るのを待っているだけ!

という、なんともズボラな就活ができるわけです。

しかも、いきなりランチスカウトが来る可能性もあるわけですから、首を長くするどころか口を開けて待ってます。

スカウトを受けたらもちろん、それに対応すべく動かなければいけませんけどね。

2. 今まで知らなかった業界を知れる

また、企業からスカウトが来るということは、

今まで知らなかった業界を知るチャンスになる!

わけです。

これは自分で探して応募するような普通の就活サイトではなかなか無いことですよね。

自分の可能性を広げたり、自分自身を見つめなおす良い機会になります。

自分で企業を探して自分からアプローチするだけの就職活動では、どうしても活動範囲がかたよってしまいがちです。

僕も最近悩んでるんですけど、客観的に自分を見つめるって意外と難しくないですか?

ニクリーチでスカウトを受けると「こんな業界が自分を求めているのか?」という新たな発見ができるという感想もあるんですよ。

3. 無料で肉が食える!

ニクリーチはランチスカウトがくればタダで肉が食べれるのに

無料!

です。

「本当に無料か?どっかにランチスカウトを受けるための有料会員のボタンが隠されてるんじゃないか?」と探しまくりましたが本当に無料でした。

エントリーシートを登録するだけで本当にランチスカウトがきます。(もちろんランチも肉も無料)

実際に感想を聞いても、エントリーシートをちゃんと登録しているとランチスカウトがバンバン舞い込んでくるらしい。

登録するだけでタダ肉が・・・素晴らしいことです。

どんな会社からスカウトがくる?

どんな会社からスカウトがくる?

では、ニクリーチを利用して学生をスカウトする企業にはどんなところがあるのか?

ニクリーチを導入している企業の数は128ヶ所で、大手も含まれますがベンチャー企業が多いです。

これらの企業が学生が登録したエントリーシートを見て、関心を持った学生やぜひ我が社で働いてほしいと思った学生にスカウトを出します。

なので、必ずしも自分が就職したいと思う会社からスカウトが来るとは限りません。

時には「こんなところ聞いたこともないし、全く興味ないんだけど・・・」という企業からスカウトが来たという感想もあります。

でもそれは、企業側があなたに魅力を感じたからこそスカウトを送ってくるわけで、決して悪いことではないですよね。

実際に、登録している人の中には「どこからも全然スカウトが来ない・・・」なんて、ふてくされている人もいるようなので。

企業からスカウトが来ること自体、自信を持っていいということです。

僕の感想としては、どんな会社からスカウトが来るか、ある意味ちょっと楽しみなんですけどね。

ニクリーチが向いている人

ニクリーチはこんな人に向いている

ニクリーチを利用するということは「学生で就職先を探している」というのは大前提ですね。

利用者の感想もふまえて、ニクリーチが向いている人をまとめてみました。

タダで肉が食いたい人

なんといってもニクリーチの売りはこれですからね。

人の金で肉が食いたい!

できるだけお金を使いたくない人

有料の就活サイトに登録するのは気が引けます。

初対面の人(たち)と食事をするのが苦ではない人

ランチスカウトを受けたら、企業の人と1対1または少人数のグループで食事をすることになるので、人見知りの激しい人には厳しいかもしれないです。

考えが柔軟で好奇心のある人

希望していなかった企業からのスカウトにも前向きに対応したら、面白い道が開けるかもしれません。

自分の可能性を試してみたい人

どんな企業が自分をスカウトするんだろう?

知らなかった自分に出会えるかもしれません。

>> 色々使えるニクリーチ

ニクリーチに登録してからランチスカウトまでの流れ

ニクリーチに登録してからランチスカウトまでの流れ

では、実際にニクリーチに登録するとどうなるのか、具体的な流れについて紹介します。

1.基本情報を登録する

ニクリーチへの登録はこちらの公式サイト(https://29reach.com/)からできます。

アプリ版もありますが「入力途中で急に落ちた」「使いにくい」など評判が良くないので、Web版から登録しましょう。

【登録してスカウトを受け取る】というボタンを押すと下記のような登録フォームに飛ぶので、基本的な情報(名前やメールアドレス、大学名など)を入力します。

ニクリーチ

Facebookを持っている人なら、【Facebookで登録】を押すと情報が勝手に入力されるので便利ですよ。

ちなみにこの場合でも、Facebookの友達に使っていることはバレないので安心してください。

「情報勝手に流出しない?」って不安な人、名前、メールアドレス、電話番号、生年月日は、スカウトが来てマッチングした企業だけに公開されるようになっていて、情報保護はバッチリのようです。

2.エントリーシートを作成する

次に履歴書(いわゆるエントリーシート)の登録画面に進みます。

履歴書は、基本的に選択式になっているので簡単です。

TOEICスコアや希望業種といった項目と並んで「おニクに対して」なんて項目もあって、肉に対する情熱もアピールできます。

自由に記入する項目は1つだけ。

フリーアピール

あなたに会ってみたい!と採用担当者が思うように、あなた自身を自由にアピールしてください。

2000字も書き込めるわけですが、本当に自由なので、一旦は「肉好きです!働きたいです!よろしくお願いいたします!」とか適当に書いてサクサク登録します。

まずは肉への勢いがあるうちに記入しておくことが大事です。

ランチスカウトがこなかったら後で修正すればOK。

「ニクリーチに登録してもオファーが来ないよ」という感想も聞きますが、そういう人は履歴書を充実させていないことが多いようです。

繰り返しますが、履歴書のほとんどの項目が選択式で作成できるようになっていて、面倒くさいことは一切ありません。

基本情報を登録したら、その後は続けて履歴書も記入しておくことをおすすめします。

さて、基本情報も履歴書もカンペキに登録しました!

3.ランチスカウトを受け取る

その後は・・・ひたすらスカウトが来るのを待つ!というのがニクリーチの基本姿勢ですが、実は待ち続けるだけじゃない使い方もできます。

腹減った!早く肉をくわせろ!という人。

この企業にぜひ肉をおごってもらいたい!という人。

ニクリーチに登録している企業のうち、興味を持ったところには「話を聞きたい」とメッセージを送って自分からもアプローチできます。

こうして、企業があなたに興味を持って「会って話を聞いてみたい」という感想を持てば、ランチスカウトを含む何かしらのスカウトが届くわけです。

スカウトが届いても、希望していたランチスカウトではなかった場合。

気が乗らなければ無理に応じる必要はありません。

ただ、自分からアプローチした企業からのスカウトには、積極的に対応したいところです。

その先には、単なるランチスカウト以上の豪華な焼肉が待っているかも・・・。

こんな肉が食えます。

うまい話は本当にあった

名前を聞いて驚いて、中身を知ってまた驚くニクリーチ。

これから就活に忙しくなるであろう僕には、就職のためにもお腹のためにも魅力的なサービスでした。

スカウトを待つだけなので、登録しておいて損はないですよ。

ニクリーチでうまいタダ肉を食らおう。

>> うまい肉が食べれて就職も決まる、ニクリーチに登録

更新日:

Copyright© ニクリーチの感想 , 2018 AllRights Reserved.